スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

イベント関連の調整(Tablacus Explorer)

今回のTablacus Explorerのイベント関連の調整では、イベントのDShellFolderViewEventsを処理するようにしました。

DShellFolderViewEventsのイベントを処理できるようにする為には

1.取得しているIShellViewからGetItemObject(SVGIO_BACKGROUND, ...)を使ってIDispatch(IShellFolderViewDual)を取得

2.取得したIDispatchからQueryInterfaceでIConnectionPointContainerを取得(これ以下の処理は自作のteAdvise関数を使用)

3.取得したIConnectionPointContainerからFindConnectionPoint(DIID_DShellFolderViewEvents, ...)を使ってIConnectionPointを取得

4.取得したIConnectionPointを使って自分のIDispatchを持ったコントロールをAdviseすればOK

これで、AdviseしたIDispatchのInvokeにイベントが飛んできます。

Tablacus Explorerで使っているイベントは

1.DISPID_SELECTIONCHANGED
シェルブラウザだけならIShellBrowser::OnStateChangeで選択が変わったイベントは取得できていたのですが、エクスプローラブラウザでは受け取れなかったので前のバージョンではListViewのメッセージを受信して処理していました。

2.DISPID_FILELISTENUMDONE
シェルブラウザでのナビゲート完了のタイミングを知るために使っています。エクスプローラブラウザではIExplorerBrowserEvents::OnNavigationCompleteを使っています。

3.DISPID_VIEWMODECHANGED
表示モードを切り替えると一行選択の解除がリセットされてしまうので、前は表示モードが変わりそうな場所に一行選択の解除を入れていました。マウスで使う場合は絶対に一行選択は使いにくいと思うんだけどなぁ……

詳しくはTablacus Explorerのソースコードを見て下さい。
 

Tablacus Explorerのアドオンの解説(X-Finder)

新しいアドオン、X-Finderをインストールするとtablacus Explorerで、X-Finder互換のビルトインコマンドや環境変数が使えるようになります。
※「Split:」「Drop:」等、まだ使えないビルトインコマンドもあります。

X-Finderのビルトインコマンドを使う場合は、アドオンX-Finderをインストールした後、タイプで「X-Finder」を選んで下さい。
X-Finder互換の環境変数はタイプが「X-Finder」以外の時も使えます。
また、「%Selected%」や「%Current%」はアドオンをインストールしなくても使えます。

アドオンX-Finder
 

わかりにくいアドオン・その1(マルチスレッド、マルチタスク等)(Tablacus Explorer)

Tablacus Explorerのアドオンのマルチスレッド、マルチタスク、FastCopy、Fire Fire Copyはコピー中等にTablacus Explorerで他の作業ができなくなる問題をマルチスレッドやマルチタスク等を使って解消する為のものです。

これらのアドオンは一緒にインストールしてもほとんど意味がありません。基本的にはどれか1つをインストールして下さい。よくわからない場合は「マルチスレッド」がオススメです。

■これらのアドオンをインストールしない場合

☆メリット
コピー後にコピーしたファイルが選択された状態になる。
「元に戻す」ができる

★デメリット
コピー中等にTablacus Explorerでは他の作業ができなくなる

■マルチスレッド

Tablacus Explorer内にスレッドを作ってそこでコピー等を行う

☆メリット
他のアドオンに比べて、新しいプロセスを作らないので開始する際の処理が軽い
「元に戻す」ができる

★デメリット
コピー中等にTablacus Explorerが落ちると一緒に落ちる

■マルチプロセス

TCM32.exeかTCM64.exeでコピー等を行う

☆メリット
「元に戻す」ができる

■FastCopy

FastCopyでコピー等を行う

☆メリット
FastCopyがOSのキャッシュを全く使わないため、他のプロセスが重くなりにくい
デバイスの限界に近いパフォーマンスが出る

★デメリット
「元に戻す」ができない

■Fire File Copy

Fire File Copyでコピー等を行う

☆メリット
高速に、しかもガリガリという音を立てずに行える

★デメリット
「元に戻す」ができない
削除には対応していない(他のアドオンと組み合わせて削除を他のアドオンで行うことは可能)
 

メニューを調整しました。(Tablacus Explorer)

前のバージョンまでは、XPやクラシックテーマの場合はTablacus Explorerで追加したメニューアイコンの前だけスペースが開いていました。
これはオーナードローを使っていないので仕方ないことだと思っていました。
しかし、EternalWindowsビットマップメニュー を読んでいたら、解決方法がありました。
実はオーナードローも試していたのですが、ビジュアルスタイルと相性が悪いのでこの方法で解決できて良かったです。
 

タイプを追加しました。(Tablacus Explorer)

タイプのキーの設定昨日の更新で実行時のタイプに「RunAs」と「キー」を追加しました。
「RunAs」は管理者として実行(Vista/7/8)・別のユーザーとして実行(XP)になります。

「キー」はキー入力をエミュレートします。キーの入力はSendKeysと同じで「A」等の普通のキーはそのまま入力、特殊キーは「{」と「}」の括弧で囲みます。HOMEキーなら{HOME}となります。

詳しくは以下で
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc364423.aspx
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。