スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

続・64ビット環境でスクリプトを実行する

前回の記事を書いた後、思った事、それは

無いなら作れ!

マイクロソフトが作らないなら勝手に作ればいい

…という訳で、64ビットで動作するMicrosoft Script Control(msscript.ocx)互換のTablacus Script Control 64を作ってみました。

このソフトはMicrosoft Script ControlとクラスIDやDISPIDを合わせているので、インストールすれば、32ビットで動作していたスクリプトそのままで、64ビット環境でほぼ動作します。

また、あふw作者のAKTさんにあふwの64ビット版の&SCRIPTの無効化を外してテストしてもらいました。感謝!
AKTさんの協力もあり、DelphiのTScript.Create()でも動作します。
Delphiから動作するようにするには、IScriptControl 以外に IOleObject, IPersistStreamInit, IOleControlを実装する必要がありました。

タイプライブラリはまだ作成していないのですが、Microsoft Script Controlに合わせて作成しているので、参照から作成する必要がある場合は代わりにmsscript.ocxを参照できれば上手く動くかも…

64ビット スクリプト コントロール Tablacus Script Control 64
プログラムのコードに付いてはTablacus Script Control 64のソースをご覧ください。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://gakana.blog34.fc2.com/tb.php/72-c400da38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。